このサイトについて

炒飯のように身近でうまい。ひざかけのようにあたたかい。当サイトは「思いついたものを形にする」を理念として、皆様方の日々の生活を彩ることを目標に設立されました。マハトマ・ガンディーは言いました。「冷蔵庫の片隅で干からびているものも、てきとうに切り刻んでチャーハンに入れれば食える」イエス・キリストも頷きます。はい。もっとビューティフルでエナジーあふれるフューチャーに! ソサエティに馴染めないあなたやわたしも、脳のチャンネルをいじり、手を動かし、口をつぐむことで見えてくる未来が待っています。誰に指図されることなく、誰にもとどかないシャウトには、五人囃子のみが寄りそうでしょう。今がそのときなのだ。我々を思うままに利用しようなどとは片腹痛し。片原伊太氏には娘がおりました。思いついてもやらないことはやってみると案外楽しいかもしれません。インタレスティングでファニーなエクスペリエンスを! ギミック溢れる日常を、前へ! 前へ! 電信柱に巻き付いたひざかけも、きっと心はあたたかい。あなたがたはそれを奪って生きてきた。あじのするぶなしめじはあじしめじ。芦田愛菜を名乗るそいつは芦田愛菜ではない。ドラえもんもビートたけしも同様に本物なんてどこにもない。J-POPを聞けば明るくなれる。どうだ味がしなくなっただろう。夢をみる雑巾はきっと自分をパイナップルだと思っているのさ。雑巾の入った酢豚酢豚酢豚。石を投げていいのは石に許されたものだけだ。お願いをしよう。お願いします。きちんと話せばわかってくれるさ。足から先に前へ進むのなら、我々は足に支配された奴隷だとは思わんかね。足よりも前に行くことはできない。車輪だ。車輪を発明しよう。木を切って丸くすべし。自らの手で行うことに意味はない。ホームセンターへ行けばそこは宝の山だ。男の子でも女の子でも老人でもあくびちゃんもわくわくはとまることを知らず。知らず知らずに他人に割り込む。よしなさい。気をつけろ。挨拶は大切だ。コミュニケーションを成り立たせるのは当人の意志ではなく脳の機能。自分だけが見えていないものを見て話す彼らをモンスターのように思うことはないか。手遅れである。すべては過ぎ去ってそこには全部が残る。全部とはすべて、すべてとは全部。全部を愛することができるのは全部を持っているものだけだ。全部を持つ者こそが全部であり、全部とはつまり全て。人間である限り足を捨てることはできない。切り落としたところでかゆくなる。初めからなかったところで欲しくなる。いらなくたって心がある。それがわからんのだよ。焚火に集まるのは寒さを感じるやつだけだ。孤独を知るものに何ができる。ただ虫のように考えることもなく光のある方に飛んできただけではないのか。キャンプファイヤーで使うひざかけは汚れてもいいものを選んだかい。火の粉が飛んできて焼け焦げてしまったね。持って帰ると邪魔だからいっそここで燃やしてしまおうか。ほら、ごらん。あの煙は有害物質だ。有害な僕らが風に乗って、どこかに消えてしまうんだ。ダイオキシンにも帰りを待つ家族がいる。どうか無事に帰れるようにせめてお祈りしてあげよう。他人は他人、自分は自分。きっと幸せになれるから。ゆっくり歩いて薄氷を割る。春だ。右を向けば火を吐くガスレンジ、下を向いて歩いてきました。間違いをたださずに突き進めばあの子のお父さんが夢をみるでしょう。さらば埼玉、さらばベニス。また会う日まで。ごきげんよう。